御掃除機能付エアコン

今日は、九重町の住宅のエアコン清掃を承りました。

お掃除機能付きエアコンは、重厚感があります。

今回のエアコンは「お掃除ロボット機能付きエアコン」といって

フィルターを自動でお掃除するブラシ付ユニット(お掃除ロボ)があるエアコン

なのですが、注意しないといけないのは

  • 自動でお掃除してくれるのは「フィルター」
  • 奥のファンや部品などはお掃除してくれない
  • 構造が複雑で分解がしにくい
  • なのでクリーニングの際、費用が割高

ですので、今回もいつも以上に神経を使いながら、分解作業を行いました。

分解した外装パーツです。

長年の汚れがこびりついていて、クリーニングのしがいがあります!

パーツを外した後の様子です。

やはりアルミフィンや、金属パーツもほどよく汚れていました。

ここから養生シートで覆って、オーガニック洗剤&高圧洗浄にて水洗いします。

恒例の「水洗いで出てきた汚れ」です。

お掃除機能がついていても、これだけ汚れが溜まっていました。

水洗い後はピカピカで、クリーニングした我々も嬉しくなります。

外したパーツも丁寧に洗浄して、この後、取付し、クリーニングは完了しました。


多くの方が誤解されているのが

お掃除機能がついていたら、エアコンはいつもキレイ!
自動で隅々まで掃除してくれる

ですが、それは正しいとは言えません。

自動でしてくれるのは「表のフィルターの掃除だけ」で、大事な部分(アルミファンや奥の部品)は掃除してくれません。

なので、お掃除機能付きエアコンのクリーニングの方が、お客様が驚かれます。

もしご自宅のエアコンが「お掃除機能付き」の方、フィルタの奥の奥、覗き込んで汚れてないか、確認してみてはいかがでしょうか?